スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ウォーハンマー40Kアーミー紹介(ケイオスマリーン+ディーモン同盟軍)
 過去のエントリー(だいぶ遡らなければいけませんが…)をご覧になれば分かりますが、私は元々デスガード兵団をメインで使用していました。ナーグル神に祝福されたこの軍団は、圧倒的なタフネスを持った非常に安定したアーミーだったのですが、一方で物足りなさも感じていました。もっとデッドリーで危険な魅力にあふれるアーミー、栄光かケイオススポーンか?というギリギリ感のある軍勢を作りたかったのです。

 と言いながら他のアーミーや他のゲームに浮気すること数年(笑)、自分の中でケイオスマリーンはサードかフォースアーミーぐらいに落ちぶれていたのですが、『ケイオスディーモン』刷新によりすべてが変わりました。ディーモンは物議を醸しているコデックスではありますが、「混沌とはリスクと背中合わせの力である」という部分がより強調されており、ケイオスマリーンとディーモンの同盟軍が俄然魅力的に見えてきました。

 アーミーもそれなりの規模になりましたので、HQや主要ユニットの設定をつらつらと書き記していきたいと思います~。

           バニッシュメント・ウォーバンド
▼アーミー名 <追放されし戦闘集団>

・HQ(ウォーロード)
▼<追放者>ドゥームブレイド



「崩壊・流血・欲望・変化の名において命ずる……。
 禍つ神々よ、我に力を!」


 ドゥームブレイドはかつて<黒き兵団>のウォーロードであり、数多の<黒き征戦>において帝国軍を苦しめてきた、歴戦の兵である。
 しかし、彼は兵団に忠誠を誓いつつも、その胸には野望の炎を滾らせていた……。<強奪者>アバドンの首を狙い、自らが銀河の覇者へと成り上がろうとしたのである! しかしこの目論見は脆くも露見し、<黒き兵団>より追放されてしまう。

 僅かな手勢とともに、銀河を放浪するドゥームブレイド。だが、その野心はいささかも衰えてはいなかった。数多の戦役に参戦しては、己が見込んだ戦士を力によって服従させ、その<戦闘集団>を拡大させていったのである。同時に、ドゥームブレイドは禁忌の儀式にも手を染めていた。<歪み>の悪魔の助力を得て、人智を越えた力を手にしたのだ。その配下には悪魔と人間、そして両者が融合した狂気の殺戮マシーンがひしめき合っており、もはやドゥームブレイド自身にも制御できないほどだ。

 銀河の覇道を歩まんとするドゥームブレイド。
 その行く末はケイオススポーンか、それともディーモンプリンスか!?


・HQ
▼<絶望の>ヘスタリウス



 ドゥームブレイドに仕える副官ヘスタリウス。彼はかつて、誇り高き<戦闘者>の中隊長であった。しかし<崩壊病>が蔓延する惑星パンデミックでの戦役に置いて、彼らの部隊もまた恐るべき感染症に冒されてしまった。

 友軍からも忌諱され、生還の見込みのない玉砕作戦に投入され、絶望の淵に喘ぐヘスタリウス……その前にドゥームブレイドとその<戦闘集団>が現れた。その圧倒的なまでの力をまざまざと見せつけられると、混沌への帰依と、ドゥームブレイド自身への忠誠を迫られたのだ。その溢れんばかりの野心は、絶望に打ちひしがれていたヘスタリウスに新たな希望をもたらした。

 ヘスタリウスは膝をついた。いまやナーグル神の寵愛を得た彼の部隊は<絶望の団>と名を変え、ドゥームブレイドの忠実なる下僕となったのだ。


・HEAVY SUPPORT(アスパイアリング・チャンピオン)
▼<歪み技師>ブレスレン



 ブレスレンは、かつてアイアン・ウォリアー兵団のワープスミスであった。<歪み>と人間、そして機械を融合させる狂気の実験に没頭するあまり、多くの同胞を実験台として犠牲にし、兵団長の怒りを買ってしまったのだ。同じ追放者同士、ブレスレンとドゥームブレイドが導きあうのは必然であった。

 ブレスレンは<生体殺し>と<装甲殺し>と名付けた2つの小隊を率いている。戦場で彼らが果たす役割は、その名の通りだ。すべての生体反応を消滅させ、すべての装甲車を爆散させるまで、その火力が途切れることはないだろう。

 またブレスレンは、他の兵団の保有する<魔導溶鉱炉>に強い興味を抱いており、これまで数々の強奪作戦を成功させている。<魔導溶鉱炉>に宿るディーモンはすでにブレスレンに飼い慣らされており、敵軍にとって恐るべき驚異となるだろう。


・HQ(同盟軍)
▼<予見者>ムーンヘッド



 禁忌の儀式によって召還された、ティーンチ神の御使。それこそがムーンヘッドである。この邪悪なる上級悪魔には、未来を予見する力と、悪魔の真なる能力を引き出す力が備わっている。ムーンヘッドは恐るべき正確さで助言を与え、<追放されし戦闘集団>に数々の勝利をもたらしてきた。ムーンヘッドはドームブレイドと彼の戦闘集団が辿る運命をすでに知っているようだ。しかし、その結末を彼が口にすることはない……。


スポンサーサイト
【2013/04/28 10:51】 | ミニチュアゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<お店探訪ゲームスペースVILLAGEさん | ホーム | レジメント・オブ・レナウン(3) シナリオルール>>
コメント
パニッシュメント・ウォーバンドの設定、超かっこよくて熱いですね~。すごくイマジネーションを刺激されました。

こんな強敵達と今週末バトルできると思うと、ワクワクを通り越して嬉しさ爆発しそうです!
ぜひこの設定やキャラ名を僕がゲーム後に書くバトルレポートでも反映させてくださいね!

願わくは追放者ドゥームブレイドと我がサンドロス中隊長の一騎打ちをぜひとも実現させたいものです!

今週末お会いできるのが本当に楽しみです。よろしくお願いします!!
【2013/05/01 00:27】 URL | Rman #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます!
名無しロードではバトルレポートを飾れないと思いまして、自分のアーミーにうまくハマる設定を絞り出してみました。(汗)

サンドロス中隊長とのバトル、本当に楽しみですね~!
ぜひよろしくお願いします!
【2013/05/01 20:37】 URL | ゲンキ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://quester.blog40.fc2.com/tb.php/141-f9655e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。