スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
デス・オア・グローリー 40Kトーナメント バトルレポート(1)
無事にデス・オア・グローリートーナメントを終えました!
試合も終わったことですし、せっかくなので興奮が冷めぬうちに、予選&決勝のバトルレポートを書こうと思います。
まずは持ち込んだアーミーの紹介から。

dog01.jpg

●ブラッドエンジェル 1500p

○HQ:
リクルシアーク...130p

○ELITE:
サングィナリー・プリースト...50p

○TROOP:
タクティカルスカッド×10...185p
(ラスキャノン&メルタガン)

アサルトスカッド×10...240p
(フレイマー×2、パワーフィスト、ライノ)

アサルトスカッド×5...160p
(フレイマー、レイザーバック、ツインリンク・ラスキャノン)

デスカンパニー×10...265p
(インフェルナスピストル×2、ドロップポッド)

デスカンパニードレッドノート...125p
(ブラッドタロン)

○FAST:
バールプレデター...145p
(フレイムストームキャノン、ヘヴィボルター)

○HEVAY
ストームレイヴン...200p
(ツインリンク・ラスキャノン、ツインリンク・マルチメルタ)


●解説
とにかく強襲戦術を追求してみよう、と考案したリストです。
デスカンパニーによるドロップポッドアサルト、バールプレデターの斥候移動、ストームレイヴンのフラットアウトで1ターン目に主力を敵陣に送り込みます。後方からラスキャノンで援護しつつ、近接射撃&接近戦で相手を押しつぶす、というのが基本戦術です。

主力はアサルトスカッド×10。ここにリクルシアークとプリーストが合流して、デスカンドレッドと共にストームレイヴンに乗り込む形です。ストームレイヴンが落ちた場合は、セカンドプランとしてライノに乗り込こんで敵陣を目指します。(そのままだと12人なので乗れませんが、まあ何人か死んでるでしょう、という前提で…w)

またディーモンやドロップポッド編成など、初期配置をしてこないアーミーへの対策として、デスカンをストームレイヴンに、アサルトスカッドをライノに乗せることで、全軍予備戦力にしつつ、戦場投入時の機動力を最大限発揮できるようにしています。(今回は使用機会がありませんでしたが)


スポンサーサイト
【2011/11/01 22:32】 | ミニチュアゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デス・オア・グローリー 40Kトーナメント バトルレポート(2) | ホーム | no title>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://quester.blog40.fc2.com/tb.php/122-896ad795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。