スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クレイジー・ウォーハンマー




ウォーハンマー8版がリリースされましたね!
流血島の合戦もバッチリ手にいれました。ミニチュアはいったん置いておいてw、ルール片手に早速NGKで遊んでみました。2000pをガッツリ2戦、前回NGKでも1戦交えているのでこれで3戦目ですね。

ルール変更点その他はみなさま充分ご承知と思いますので割愛するとして…なんとなくではありますがゲームデザインの方向性が見えてきたので、その辺りのことをつらつらと。

8版にはふたつの変更点があると思います。ひとつは、プレイアビリティの向上。旧版と比較してとても遊びやすくなっています。曖昧だった部分は整理され、煩雑な部分は簡略化されました。移動オプションが顕著ですね。

そしてもうひとつですが…これはあくまで個人的感想なんですが、「ウォーハンマーらしさの追及」なのでは?と思います。


ウォーハンマーらしさとは何ぞや、という話になるんですが。
RPGなどもひっくるめたウォーハンマーのイメージというと、死と隣り合わせのシビアさ、泥臭さ、血生臭さ、渾沌、狂気といったものだと思います。
まさにその辺りのテイストをより全面に打ち出したウォーハンマーらしいウォーハンマー、それがこの8版なのでは…と感じました。


ルールに不確定要素が増えました。突撃距離すら曖昧で、魔法はよりデッドリーで、時にはテレインすら自軍に牙を剥いてきます。

一方で各ユニットの戦闘力は底上げされて、その性能を出し切れるようになりました。白兵戦が顕著ですね。以前は先手を取られて前列が死ぬと負け確定でしたが、今回は痛烈な反撃を見舞えるようになりました。

刻々と変化する、渾沌とした戦況で自軍を操り、血まみれの勝利を掴む。8版はそんな楽しみを提供しようとしているのではと感じます。

エンターテイメント性が上がったクレイジー・ウォーハンマーはこれまで以上の楽しさを提供してくれるのではと期待していますw

スポンサーサイト
【2010/09/08 02:50】 | ミニチュアゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コモラフから仄暗い奴らがやってきた! | ホーム | 8/22NGK>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://quester.blog40.fc2.com/tb.php/101-7c05b9b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。