スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
デス・オア・グローリー 40Kトーナメント バトルレポート(3)
決勝のバトルレポートです。
予選から編成は変えられないので、同じアーミーを持ち込み。
ただ前回は塗りきれていなかった部分があったので、その辺りはさらに筆を入れました。(汗)

他の参加者は、以下のような感じです。

グレイナイト:ピュアグレイナイト編成…1名
グレイナイト:コテアズ入りのインクィジター編成…1名
インペリアルガード:ヴィークルを中心とした機甲編成…2名
ティラニッド:モブとモンスターを混ぜたバランス編成…1名
エルダー:ファーシーアとグラヴタンクを中心としたウルスェ編成…1名
ダークエルダー:ラック、グロテスク、タロスメインのコヴン編成…1名


こうしてみるとグレイナイトとインペリアルガードを筆頭に、高評価を受けているアーミーと編成が顔を揃えていますね。
注目はダークエルダーでしょうか。対戦はできませんでしたが、テーマ性が明確で、素晴らしくカッコいいアーミーでした。



dog02.jpg


●決勝1回戦 ブラッドエンジェル(先攻)vsグレイナイト(後攻)

『キャプチャー&コントロール』『ピッチバトル』。
抽選の結果、なんと予選2回戦であたったSさんのグレイナイトと再戦することに。
前回はロクに接近戦しないまま破れたので、ここはしっかりガチンコであたっておきたいところ。
運良く先制が取れたので、全軍を前のめりに配置。
グレイナイト側はカバーを取りつつ、ストライクスカッド×2とランドレイダーを初期配置。ドレッドナイト×2は『斥候』を得て、奇襲攻撃の構え。


ゲームスタートと同時に、斥候移動したバールプレデターが火を吹く。ストライクスカッドを半壊させて、さらにドロップポッドアサルトを決めて、デスカンパニーによるボルター斉射。ほぼ壊滅状況に陥れる。
ストームレイヴン、そしてライノに乗ったタクティカル分隊はフラットアウトで接近。ラスキャノン中心にランドレイダーを狙うものの、目立った戦果はなし。

返すターン。バールプレデターは散々撃たれて殴られるものの、ギリギリ大破までは至らず。ランドレイダーもストームレイヴンを狙うが、武器破壊止まり。

ストームレイヴンが生き残ったので、さらに近づきアサルトスカッドでストライクスカッド2部隊にまとめてに強襲突撃。HQのグランドマスター以外をほぼ撃滅させる。
デスカンパニーはインフェルナスピストルでランドレイダーを狙うものの、大破までは至らず。

返すターン。ドレッドナイトが奇襲攻撃。自陣マーカーを守るタクティカル分隊と、グランドマスターと戦っているアサルトスカッドに突撃してくる。それぞれ大損害を出すも、なんとか踏みとどまる。

一転苦境に陥ったアサルトスカッドを救うべく、隠し玉のデスカンドレッドでドレッドナイトに強襲突撃。しかしブラッドタロンは振るわずノーダメージ。そしてドレッドナイトに殴られて、アサルトスカッドは全滅してしまう。
デスカンはインフェルナスピストルでランドレイダーを撃破。自陣タクティカル分隊はさすがに耐えきれず死亡。

返すターン。ドレッドナイトとデスカンドレッドが相打ちに。もう一機のドレッドナイトにはレイザーバックとストームレイヴンで射撃し、多少のダメージ。

デスカンがグランドマスターに突撃。生き残ったリクルシアークと共にグランドマスターを撃破する。ドレッドナイトは一気に短距離テレポートで自軍マーカーに近づいてくる。接近戦から開放されたリクルシアークが、ドレッドナイトに討ち取られる。その後ストームレイヴンとレイザーバックの一斉射撃、およびデスカンパニーの突撃でドレッドナイトを撃破。最後にライノに乗ったタクティカル分隊が敵陣マーカーを確保して、試合終了。

出目も全体的に好調で、すべてのユニットが役割をこなしてくれた結果の勝利でした。




dog03.jpg


●決勝2回戦 ブラッドエンジェル(先攻)vsインペリアルガード(後攻)

『アナイアレーション』『スピアヘッド』。
Kさんのインペリアルガードと対戦。
レマンラス、ヴァンキッシャー、ヒドラ、デビルドッグ、キメラ×2といった機甲部隊を中心に、インファントリープラトーン、スペシャルウェポンスカッド、モータースカッド、ヴェテランといった歩兵も充実。さらにペナルレギオンの乗ったヴァルキリー、センチネルが奇襲攻撃をかけてくる構えです。

先攻が取れたので、先ほどの勝利をなぞるように前のめり配置。
しかしIG側が先攻奪取ロールを成功させ、先攻権を奪われてしまう。
IG相手にwww先攻権取られるてwww完全にオワタwwwオワタ………と心が折れかける。(笑)

ゲームスタート。
予想通り、鬼のような射撃に晒される。スカウト移動してインファントリープラトーンを焼いてやると意気込んでいたバールプレデターは気絶。レイザーバックは自陣エリアで移動不能。トドメにストームレイヴンは大破する。

返すターン。とにかく近づかなければ話にならないので、アサルトスカッドをライノに乗せ変えて全速前進。バールプレデター、デスカンドレッドと共に一斉スモークを張る。
ドロップポッドアサルトは成功。インフェルナスピストルでレマンラスを狙うも気絶止まり。ラスキャノンも目立った戦果は残せず。

この時点でキルポイント0-1。


デビルドッグがデスカンを焼く。さらに修羅の対戦車射撃で、バールプレデターはキャタピラ&主砲をもがれ、ライノは大破する。予備戦力は到着せず。

返すターン。デスカンがレマンラスを撃破。デスカンドレッドは全力移動。アサルトスカッドは再度リクルシアーク、プリーストと合流して徒歩前進。ラスキャノンでデビルドッグの主砲を吹き飛ばす。

この時点でキルポイント1-2。


センチネルが到着。レイザーバックを狙うも、前のターンにイヤな予感がしてスモークを張っていたおかげで命拾い。地獄の射撃でバールプレデターとデスカンドレッドが大破。

返すターン。レイザーバックから飛び出したアサルトスカッドがセンチネルに突撃。出目が走り、大破させる。
デスカンは最寄りのキメラに接近。インフェルナスピストルで車体を爆散させて、さらに飛び出してきたコマンドスカッドに突撃。しかし削りきれず。
ラスキャノンは明後日の方向に飛んでいく。HQ合流のアサルトスカッドはひたすら頑張って走る。(笑)

キルポイント3-4。


ヴァルキリーが到着。さらに一斉射撃を受けるも、IG側の目が湿りがちで、このターンは目立った被害はなし。

返すターン。HQ合流のアサルトスカッドがデビルドッグに突撃するものの武器破壊止まり。ラスキャノンはヴァルキリーを狙うも衝撃が精一杯。
デスカンはコマンドスカッドを撃破する。

キルポイント4-4。


デスカンがIG兵のラスガンパワーの前に屈する。レイザーバックもヒドラの射撃で、ついに大破。
さらにすべての武器をもがれたデビルドッグが、アサルトスカッドにタンクショックをしかけてくる。
ここでギャンブルしないと逆転はないと、サージェントが決死の反抗。まさにデス・オア・グローリーの状態で、パワーフィストの一撃が決まり、デビルドッグ大破。

返すターン。デビルドッグを破壊した勢いのまま、アサルトスカッドがスペシャルウェポンスカッドに突撃し、撃破。

キルポイント6-6。


車両はほとんど破壊されているため、IGは全力でHQ合流アサルトスカッドを狙ってくる。しかしプリーストによる「痛みを知らぬもの」リクルシアークによる「恐れるものなし」を持っているためすんでの所で踏ん張る。

返すターン。アサルトスカッドでキメラ&ヴァンキッシャーに対してマルチ突撃。パワーフィストがキメラの装甲を抜き、これを撃破。

キルポイント7-6。
ここでゲーム終了し、薄氷の勝利を手にしました。


最終戦に相応しいタフな激戦でした。一歩間違えれば即負けるという状況だったのですが、思い切って前に出たことが勝利につながった気がします。ゲーム後に握手をしたのですが、お互い手の平が汗びっしょりだったのが印象的でした(笑)

ブラッドエンジェル的MVPはアサルト・スカッドのサージェントですね。決死の反抗でデビルドッグをしとめられていなければ、手数的に勝ちはありませんでしたから。まさに「栄光か死か」を体現した名場面でした。



●結果
というわけで決勝は2戦2勝!
ベストアーミー賞、フェアプレイ賞、グランドチャンピオン賞をいただきました!
2勝したプレイヤーはもうひとりいらっしゃったので(その方はベストジェネラル賞を受賞)、最後に夜なべしたペイントが評価されたと思うと、感慨もひとしおでした。


●最後に。
対戦していただいた3名をはじめ、一緒にトーナメントを戦ったすべてのプレイヤーの皆様、運営していただいたゲームズワークショップスタッフの皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました!


次回は、ぜひ大阪予選をお願いします!(笑)

スポンサーサイト
【2011/11/01 22:36】 | ミニチュアゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
デス・オア・グローリー 40Kトーナメント バトルレポート(2)
まずは予選のバトルレポートです。
参加者は8名。他の参加者は、スペースマリーン1名、グレイナイト2名、エルダー1名、オルク1名、ティラニッド1名、タウ1名。以前出場した2007年GTがマリーンだらけだったことを考えると、非常にバリエーションに富んでおり、40Kが普及浸透してきたんだなぁとしみじみ嬉しくなりました。(マリーン系ばっか使ってるお前が言うなという感じですがw)

ちなみにゲームに精一杯だったので、写真はありません…。


●予選1回戦 スペースマリーン(先攻)vsブラッドエンジェル(後攻)

『キャプチャー&コントロール』『ピッチバトル』。
Tさんのコデックスマリーンとの対戦。
タクティカル・スカッド×2を中心に、スカウト、アイアンクラッド、射撃戦用ドレッドノート、ランドスピーダー、ターミネーター、アタックバイクといったバランス型編成。


ゲームスタート!
の前に、とりあえず集弾役としてバールプレデターを斥候移動で突っ込ませる。(笑)
当然ながら試合開始と同時に集中砲火を喰らうものの、搭載武器大破&移動不能止まりで、大破まではいたらず。

返すターンでドロップポッドアサルトを決め、デスカンパニーを解き放ち、敵タクティカルスカッドに射撃を加えていく。
こちらも当然ながら集中砲火を喰らうもののw デスカン持ち前のタフさで耐えていく。

その間に、相手の強襲戦力を狙い撃つ。
アイアンクラッド、ランドスピーダー、アタックバイクが次々襲いかかってくるので、腰をすえて撃ちあってこれを撃退。
テレポートしてきたターミネーターは、デスカンドレッドのブラッドタロンで切り刻む。

敵陣で暴れていたデスカンがほぼ全滅しかけたところで、自軍マーカーを取られる心配がなくなったので、ストームレイヴンを一気にフラットアウトで突っ込ませる。
最終ターンにアサルトスカッドを雪崩れ込まして、勝利。

相手の手の内が分かっていたこともあり、プラン通りにゲームが進められました。



●予選2回戦 グレイナイト(先攻)vsブラッドエンジェル(後攻)

『アナイアレーション』『スピアヘッド』。
Sさんのグレイナイトとの対戦。
ストライクスカッド×2を中心に、ドレッドナイト×2、ランドレイダーの精鋭編成。


ゲームスタート!
の前に、先ほどと同じく、弾を集めようとバールプレデターを斥候移動。(笑)
しかし大戦略によりストライクスカッドが『斥候』能力を持っていたため、後退されて距離を取られてしまう。

何の気なしに振った先制権奪取ロールに成功し、先攻と後攻が入れ替わる。
これは好機と、試合開始と同時にさらにバールプレデターを前進させるが、さきほど後退された影響でほとんどテンプレートが被らず。
結局ほとんど被害を与えられず、しょんぼりな結果に。

デスカンパニーのドロップポッドアサルト、そしてラスキャノン&ブラッドストライクミサイルの一斉射撃でドレッドナイトを狙うものの、スペシャルセーヴィングに弾かれて倒しきれず。

返すターンでデスカンパニー&ドロップポッドは全滅。
バールプレデターはサイキャノンによって蜂の巣にされてしまう。
さっそくキルポイント0-3のハンデを背負ってしまうハメに。(汗)

さらに短距離テレポートで近づいてきたドレッドナイトがヘヴィ・インシニレイター&サイキャノンで射撃してくる。
攻があまり高くないので、ストームレイヴンは大丈夫だろうと高をくくっていたら、インシニレイターの出目が走り、移動不能を喰らってしまう。

仕方なくストームレイヴンの中の人を降車させて、ドレットナイト2機を討ち取る。
さらにレイザーバックの出目が振るい、ランドレイダーを吹き飛ばす。
キルポイント3-3のイーブン。

お互い相手陣地に主力を送り込めなくなり、ジリジリと睨み合う展開。
ここは突撃しかないと、ライノに乗り換えて相手陣地を目指すも、射撃で移動不能を喰らってしまい、さらにジリジリと睨み合うw
決め手のないまま推移するが、結局最終ターン目にサイキャノンでライノを吹き飛ばされ、3-4で敗北。


接近戦をロクにしないまま終わったので、反省が残る試合でした。
また後攻前提で、アーミーを自陣深くに配置していたのですが、先攻奪取が成功したせいでデスカンやバールプレデターとの距離が空いてしまったのもよくなかったですね。


●結果
というわけで、予選は一勝一敗という結果に。
予選落ちも覚悟していたんですが、たぶん4位ぐらいでファイナリスト入りできました。(汗)

【2011/11/01 22:34】 | ミニチュアゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
デス・オア・グローリー 40Kトーナメント バトルレポート(1)
無事にデス・オア・グローリートーナメントを終えました!
試合も終わったことですし、せっかくなので興奮が冷めぬうちに、予選&決勝のバトルレポートを書こうと思います。
まずは持ち込んだアーミーの紹介から。

dog01.jpg

●ブラッドエンジェル 1500p

○HQ:
リクルシアーク...130p

○ELITE:
サングィナリー・プリースト...50p

○TROOP:
タクティカルスカッド×10...185p
(ラスキャノン&メルタガン)

アサルトスカッド×10...240p
(フレイマー×2、パワーフィスト、ライノ)

アサルトスカッド×5...160p
(フレイマー、レイザーバック、ツインリンク・ラスキャノン)

デスカンパニー×10...265p
(インフェルナスピストル×2、ドロップポッド)

デスカンパニードレッドノート...125p
(ブラッドタロン)

○FAST:
バールプレデター...145p
(フレイムストームキャノン、ヘヴィボルター)

○HEVAY
ストームレイヴン...200p
(ツインリンク・ラスキャノン、ツインリンク・マルチメルタ)


●解説
とにかく強襲戦術を追求してみよう、と考案したリストです。
デスカンパニーによるドロップポッドアサルト、バールプレデターの斥候移動、ストームレイヴンのフラットアウトで1ターン目に主力を敵陣に送り込みます。後方からラスキャノンで援護しつつ、近接射撃&接近戦で相手を押しつぶす、というのが基本戦術です。

主力はアサルトスカッド×10。ここにリクルシアークとプリーストが合流して、デスカンドレッドと共にストームレイヴンに乗り込む形です。ストームレイヴンが落ちた場合は、セカンドプランとしてライノに乗り込こんで敵陣を目指します。(そのままだと12人なので乗れませんが、まあ何人か死んでるでしょう、という前提で…w)

またディーモンやドロップポッド編成など、初期配置をしてこないアーミーへの対策として、デスカンをストームレイヴンに、アサルトスカッドをライノに乗せることで、全軍予備戦力にしつつ、戦場投入時の機動力を最大限発揮できるようにしています。(今回は使用機会がありませんでしたが)


【2011/11/01 22:32】 | ミニチュアゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。